カテゴリー別アーカイブ: 博士の生物記

博士安井の生物記 第4弾 ホソウミニナ !

2017年10月19日(木)

博士安井の生物記!第4弾! ホソウミニナ です。

兵庫運河の ホソウミニナ について、説明します。

昔の人は巻貝のことを、「なに」 とか 「にいな」 と呼んだそうです。***************** 古事記、日本書紀、万葉集の時代に、既にこの言葉が出てくるとのこと!!*************ちなみに漢字では、「蜷」 と書いて 「にいな」と読むそうです。*******************尚、今でも、皆さんがよくご存知のように、カワニナ(川にいる巻貝)、ウミニナ(海にいる巻貝)という名前が残っています。

今回は、この 「にいな」 の仲間である、ホソウミニナを 紹介します。

20170911 ホソウミニナ  20170921材木橋モニタリング (10)砂入れ後2年でホソウミニナが戻る*********兵庫運河のホソウミニナ*******こんなふうに、たくさん棲息しています。

◎ この貝の種の同定(名前を確認すること)にあたり、写真を西宮貝類館に送りました。その際、貝類館の 専門家がビックリして「ホソウミニナだ。!阪神間においてホソウミニナが残っているのは、兵庫運河だけ だと思う。」というのです。*****ビックリしました。

◎ ホソウミニナは、軟体動物門腹足鋼ウミニナ科に属し、主に、河口干潟の砂泥地に群生して住む貝です*  なぜ、阪神間では絶滅し、兵庫運河だけに残っているのか?不思議な話だと思いませんか?

◎ 理由の一つは、阪神間では、河口干潟がことごとく消えてしまったことです。************昔は、河口には干潟が広がり、アサリやハマグリやウミニナ等がたくさん住んでいたはずです。***** しかし、現在では、川はコンクリート三面張りとなり、山から砂の流入は少なくなってしまったこと、又、や* っとできた河口干潟も、船の安全航行や洪水防止のため、毎年浚渫工事が行われ、干潟が消えてしま ったのです。

◎ 二つ目の理由は、ホソウミニナの特殊な繁殖方法にあります。ああああああああああああああああああ アサリ等の貝類は、ふつう受精卵からしばらく浮遊生活(プランクトン生活)をします。ああああああああああ言い換えれば、プラ ンクトン時代に、海を漂いながら広がっていけるのですが、このホソウミニナは、受精卵から直接、貝の形になって生まれるのです。ああああああああああああああああああああああああああ難しい言葉では、「直達発生」 と言います。 海を漂う期間がないので、一旦、絶滅してしまうと、なかなか戻ってこないのです。

◎ 兵庫運河は、昭和の時代は、ヘドロとメタンガスの海で、生きものの姿はほとんど見られませんでした。 そのヘドロとメタンガスの海で、ホソウミニナは細々と生き残ってきたと思われます。又、あまりにも汚いああ海だったので、人間がほとんど入らなかったことも生き残った理由かもしれません。

現在の兵庫運河は、透き通る綺麗な水になり、色んな生物が帰ってきてます。

兵庫漁業協同組合は、地元の小学校、兵庫運河を美しくする会(多数の企業)、兵庫運河の真珠貝プロジェクト、NPOと共に、兵庫運河を神戸で一番の里海にしたいと、思っています。ホソウミニナ兵庫運河で末永く生き残ってほしいと、願っています。

******************************博士安井でした。

博士安井の生物記 第3弾 ウミウシ

博士安井の生物記 第3弾  ウミウシ

先日、兵庫運河のモニタリングにおいて、綺麗な ウミウシ を発見しました。************「 兵庫運河 」 に、こんなにカラフルなウミウシもいるのです。**ビックリです。***********なお、こんな形をしていますが、れっきとした巻貝の仲間です。ミヤコウミウシという名前がついています。房総半島以南に生息する、ウミウシだそうです。

兵庫運河において、これまでにウミウシの仲間では、アメフラシ トゲアメフラシ ウミフクロウ クロシタナシウミウシ マダラウミウシ ☆ ヒカリウミウシなどを発見しています。************** ウミウシ類は、色の変化も多く、分類が難しいですが、一生懸命、調べて名前や生体を確認していきたいと思います。

20170921新川橋三菱重工海岸 (58)新川橋 ミヤコウミウシ**************** 青い点の模様がきれいな、ミヤコウミウシです。

20170921新川橋三菱重工海岸 (38)新川橋 荷上場跡 兵庫運河の今出在家町新川橋東側

20170921新川橋三菱重工海岸 (79)新川橋 兵庫運河の今出在家町新川橋東奥

ミヤコウミウシを、こんなにところで、発見しました。

生物調査をしていただいているのは、兵庫水辺ネットの福場先生です。***************いつも、兵庫漁協がお世話になっている、先生です。***********************福場先生!***いつもありがとうございます。

また、生物記! 楽しみしていてくださいね!!

撮影者  博士安井

博士安井の生物記 第2弾 クルマエビ (2)

前回の生物記 第2弾のクルマエビでは、

◎ 近年、大阪湾において、クルマエビは、ほとんど獲れなくなり、漁師でもその姿を見る機会が、めっきり減っていること。。!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ー◎ 一昨年、兵庫運河の浜で、天然のクルマエビ (1尾のみですが)を採集できたこといついて、紹介したところです。!

兵庫運河では、兵庫運河を 「こうべの里海」 に復活すること目的に、アサリの育成実験、粗朶沈床実験、アマモの移植実験など行っています。----------------------------  このような、一連の取り組みの中で、大阪湾にクルマエビを復活したいと考えました。---------尚、クルマエビについては、兵庫県栽培漁業センター及び神戸市立栽培漁業センターが、種苗生産を行ってくれています。そこで、昨年から、この稚エビを分けていただき、兵庫運河に放流を開始したわけです。

今年8月17日に稚エビを放流しました。----------------------------その様子を紹介します。

兵庫県栽培漁業センターにおいて、産卵受精させ、さらに神戸市立栽培漁業センターで育成した9千尾を、活魚車で兵庫運河に運び込みました。その後、稚エビをバケツに移し、2年前に、みなと総局が造ってくれた砂浜に、稚エビを放流しました。

トラックから下す作業    放流用 体長50ミリのクルマエビあああああああああクルマエビの搬入ーーーーーーーーーーーーーーークルマエビの稚エビ

クルマエビの放流 (2)    クルマエビの放流 (1)ああああああ兵庫漁協水産研究会メンバーや神戸市立栽培漁業センター職員が、稚エビを放流している様子!!

20170817クルマエビの放流 (5)    20170817クルマエビの放流 (6)ああああああーーーー放流後、泳ぐ稚エビーーーーーーーー放流30分後には船たまりまで、やってきました。!!

放流したクルマエビが、兵庫運河で大きく育ち、大阪湾に出ていき、そこで産卵し、また、赤ちゃんエビが、兵庫運河に帰ってきて育つことを、夢みています。-------------------------また、近い将来、大阪湾で昔のように、クルマエビが獲れることを期待しています。

また次回を楽しみにしてください。   By 博士安井 でした。