潜水漁とは

兵庫漁協の地先にて「ナマコ」を主に狙う潜りの漁

潜水漁でナマコを獲る
兵庫漁協の地先で獲れるナマコは肉質が良く、地元神戸の料理屋さんでも重宝される名産品でもあります。

『旬の時期に旬の素材を獲る』

ナマコが美味しいとされる時期は、冬場の寒い時期になります。 特にこのナマコを狙って潜る潜水漁は、比較的温暖な神戸と言っても体力的にも厳しく、兵庫漁協の中でも担い手が少ない仕事の一つとも言えます。
潜水漁

地元料理屋さんでも喜ばれる海の珍味

潜水漁とは二人一組で潜って海底を探りながら捕まえる極めてシンプルな漁ですが、酸素を送りながら漁場を探る船上と、岩場や砂地を探って獲物を追う潜水士の呼吸が合わなくてはいけない難しい漁でもあります。

その他の漁

神戸沿岸地域の良質な泥地で獲れる「アナゴ漁」

アナゴは狭い場所に潜入する習性を持つ事から、かごを使った漁を行います。 一度入ったら出て来れない特殊な漁具を海底に置き、呼び込んで捕獲する漁法です。

『神戸沿岸部の生態系保護の方法を検討』

一時期の乱獲等によってアナゴの個体数が激減しており、現在はアナゴの絶滅を防ぐための保護活動の導入について水産研究会で検討を行っています。 神戸沿岸部には良質の泥地があることから、神戸の飲食店様の間でも地元産のアナゴを重宝されていただけに、自然回復や固体確保が水産研究会の間でも課題となっています。
  • 船引き漁
  • 底引き漁
ページトップへ