兵庫漁業協同組合が支える漁業

「安心・安全・新鮮」な魚介類をお届けするため、組合員さんを支える兵庫漁協

神戸沿岸部の漁業を支えるため、兵庫漁協では様々な漁業権を保有し、各組合員(漁師さん)を支えています。 現在、漁協内で主に活動されている漁は、下記の手法等により神戸近海の魚介類を市場にお届けしています。
船曳き漁
『イカナゴやシラスを捕る船曳き漁』
兵庫区や長田区を中心に春告げ魚とも呼ばれ、「イカナゴのくぎ煮」は地方名産になっていることで知られています。 全国的に「生シラス丼」が有名になりましたが、このシラス(ちりめん)も神戸近海で獲れる代表的な水産物です。
底曳き漁
『スズキやヒラメ等を獲る底曳き漁』
神戸沿岸には様々な生態系があり、ヒラメ・スズキ・カレイ・クロダイ・川津海老・ワタリガニなど多くの水産物が水揚げされています。
潜水・その他の漁
『ナマコやアナゴを獲る漁』
沿岸部で潜水漁にて捕るナマコは、肉質も良く地元神戸の料理屋さんでも重宝されています。
また神戸沿岸部は良質の泥地があることからアナゴ漁も行われています。

神戸沿岸漁業とは

兵庫漁協では主に下記のような神戸沿岸地域にて操業しています。

神戸沿岸漁業操業地域図
漁業従事者育成
『新規漁業従事者の育成サポート』
兵庫漁協では、新規に漁師になりたい方を育成サポート致します。 本業で生計を立てる方、余暇に漁業を営みたい方、海が好きな方、我々と一緒に活動できる方なら大歓迎です。
詳しくは「育成サポート」のページをご確認ください。
漁業従事者育成
ページトップへ