兵庫漁業協同組合 -水産研究会とは

兵庫漁協の若手漁師で構成される「水産研究会」

兵庫漁業協同組合 - 水産研究会
歴代の先輩漁師さんに教わりながら、若手従事者が中心となって、神戸沿岸の環境保全や養殖の実験、食の安全と地元料理を継承する活動を行っています。
『水産研究会の発足』
平成25年から、兵庫運河の豊かな里海に再生するため、地元住民の方々・NPO団体・行政の方々と協働し、運河の水質や底質をさらに改善し、生物の多様性を高める活動を行っています。

環境保全と認知度が低い地元の海産物を市場に安全に届ける役割

兵庫運河の環境改善
兵庫運河の環境を改善し、そこで近い将来、子供たちがカニとたわむれ、潮干狩りを楽しめるように「アサリの育成実験(完全養殖)」にも取り組んでいます。
『兵庫運河を里海にする活動』
兵庫運河は淡水と海水が混ざる汽水環境のため、様々な魚介生物が確認されています。 2015年に「水産研究会・兵庫運河を美しくする会・神戸水辺ネットワーク・兵庫運河真珠貝プロジェクト」で兵庫運河の生物図鑑を発刊しました。
地元の方々をはじめ、消費者の皆さんに「安心・安全・新鮮」な魚介類を提供し、信頼される漁業組合であり続けるため、水産研究会が中心となって活動しています。

次世代への継承

兵庫・長田近郊で作られる地元料理を次世代の子どもたちに継承する

地元料理を次世代に継承
私たちの地元である兵庫長田地区では、毎年3月頃に「いかなごのくぎ煮」を作り、街全体が春を告げる故郷の香りに包まれます。 地元の商店街などでも生イカナゴが大量に売られ、家庭の味として地方の親戚知人に送られます。
『神戸名産:いかなごのくぎ煮』
郵便局にも「いかなご専用パック」が置かれるなど、神戸の春の風物詩として定着しています。
地元の郷土料理を次世代に継承していくため、兵庫漁協では子どもたちに料理に触れてもらえる機会を作っています。

現在力を入れている「水産研究会」の活動

環境保全と伝承の他、自然の豊かさをもとにした完全養殖事業への取り組みを行っています。 また兵庫運河を再生させ、生態系の向上を目指す活動を行っています。
  • 養殖実験
  • 兵庫運河での取り組み

兵庫漁協水産研究会の環境保全活動

『環境改善運動と保全運動を進め、豊かな自然に戻す』
水産研究会の大きな目的意義の一つで、環境保全活動があります。 次世代に兵庫の素敵な海を継承していくために、地元の環境を改善し、様々な生態系が戻る事で新たな自然環境が生まれます。
養殖実験を行う事で、それぞれの個体に合った自然環境にする必要があり、兵庫漁協だけでなく地域のNPO団体様や行政、学校なども含め、地域活性化の運動に繋がればと活動を続けています。
自然環境の改善と保全

地元の子供たちにも環境保全の特別授業を行う

水産研究会では、子どもたちに将来を託していくために、環境の大切さをしてもらう試みを始めています。 実体験も含めて自然環境を味わってもらえるように、近い将来には兵庫運河での「潮干狩り体験」に繋げることを目標にしています。
水産研究会の取り組みは、写真ギャラリーやブログで公開しています。
  • 写真ギャラリー
  • 水産研究会ブログ
ページトップへ