兵庫運河の概要

「兵庫運河の自然を再生するプロジェクト」

兵庫運河は神戸港と須磨駒ヶ林方面とが安全に航行できるよう1899年(明治32年)に完成した運河です。 昭和の高度成長期には水質汚濁が進み、ヘドロが堆積し、メタンガスが発生するなど生きものの生息が難しい環境でした。
しかし近年、随分キレイになり「スズキ・マガキ・アサリ・ウミニナ・イソガニ・マナマコ」などの多様な生きものが見られるようになりました。
兵庫運河
「市民が潮干狩りなどを楽しめる豊かな里海に・・」
漁協と地域とNPO(兵庫漁業協同組合、兵庫運河を美しくする会、兵庫運河真珠貝プロジェクト、兵庫・水辺ネットワーク)が協働し、「兵庫運河の自然を再生するプロジェクト」を立ち上げ活動を始めました。 今後、運河の水質や底質をさらに改善し、将来子供たちがカニとたわむれ、市民が潮干狩りを楽しめる豊かな里海に再生したいと思っています。

「兵庫運河の生き物」

  • ホソウミニナとウミニナ

    ホソウミニナとウミニナ

  • マガキの産卵

    マガキの産卵

ホソウミニナは阪神間では兵庫運河にのみ生息しており、マガキのような二枚貝は海をキレイにしてくれます。 上記の写真では産卵のため、卵と精子で真っ白になっているところです。

兵庫運河での取り組み

1、神戸の里山と里海のコラボレーション

神戸の里山(国営明石海峡公園藍那地区、神戸市立キーナの森)の樹林管理作業で排出された竹や柴を再利用し、運河に漬け、生物多様性を向上させる実験を行っています。
生物多様性向上の実験

2、兵庫運河の天然アサリの育成

兵庫運河の天然アサリ

アサリの育成作業実験

アサリの調査

アサリの計測・記録

個体数 数え

大きなアサリ

近年、全国的にアサリが減少しています。 兵庫運河にはアサリが多数生息していることを発見し、天然アサリを育てる実験を行っています。
「水産研究会の活動」
組合員の若手を中心とした水産研究会では、兵庫運河におけるアサリの養殖実験を行っています。
アサリ養殖実験

3、アマモの移植実験

運河にアマモ場をつくり、生きものたちのゆりかごにしたいと考えています。
アマモの移植実験

兵庫運河の生き物紹介

生物多様性の向上を目指す取り組み

クロダイ

ミミズハゼ

クルマエビ

イセエビの幼生(抜け殻)

タテジマイソギンチャク

クチバガイ

兵庫運河では阪神間でも珍しい生態系が確認されています。 ホソウミニナやクルマエビなど、多くの種類の生物が確認できています。
「生物に関する情報ブログ」
兵庫漁協の関係者には、海洋生物に詳しい通称博士と呼ばれる方もいます。 地元の生態系についてブログで紹介していますので、是非ご覧ください。
活動ブログ
ページトップへ